【ロードバイク組立記】CAMPAGNOLOのリアディレイラー(RD)調整

DE ROSA TITANIO Soloをフレームから組み立てる【ロードバイク組立記】シリーズ。

前回は11速用チェーンの組み付けまで完了しました。

【ロードバイク組立記】CAMPAGNOLO RECORD 11S CHAIN組み付け

2017.02.05

今回はリア・ディレイラーの調整を行っていきます。

準備するもの

ヘックスレンチ

CAMPAGNOLOのリア・ディレイラー調整

TITANIO SoloのコンポーネントはCampagnolo SUPER RECORDを組み付けます。コンポーネント一式、つまりGroupset(グループセット)は海外オンラインショップのMerlin Cycleから購入しました。

リアディレイラー(RD)の調整はRDに付属の取扱説明書またはオフィシャルサイトを参照しながら行っていきます。

また海外のロードバイクお役立ちサイトでおなじみのGCN(Global Cycling Network)の”How To Install A Campagnolo Rear Derailleur”という動画も非常に参考になります。

詳細はこれらのマニュアルや動画にとてもわかりやすく説明されているのでお任せするとして、例によって本エントリーではポイントに絞って書いていきたいと思います。

リアディレイラー調整のポイント

RDの調整で重要なポイントは2点あります。

  1. チェーンがスプロケットのギアから外れないこと → ガイドプーリーの可動範囲調整
  2. シフトチェンジがスムーズかつ正確に出来ること → シフトケーブルのテンション調整

②についてはバッチリ決まらないと走行中に非常に気になるので、誰でも積極的に調整するポイントだと思います。一方で、①については問題が起こるまで調整に失敗していることがわからない場合もあるので、特に自分で調整しようとする場合には注意が必要です。

ということで今回は①を重点的に紹介しつつ、①→②の順番で調整を行っていきます。

ガイドプーリーの可動範囲調整

RDの小さなローラーがついた部分を“ガイドプーリー”と呼びます。その名の通りチェーンがスプロケットのどのギアを通るか(=チェーンライン)をガイドする役割を果たします。まず最初にこのガイドプーリーの可動範囲がトップギア(歯数が一番少ないギア)とローギア(歯数が一番多いギア)の範囲内に納まるように調整します。これは上で紹介したGCNの動画の1:26頃から紹介されている作業と同じです。

ちなみにこの作業はシフトケーブルを掛けてある必要はないので、私はいつもシフトケーブルを掛ける前にこの調整をしています。GCNの動画でもRDを指で押して可動範囲を確認しており、シフトケーブルは使っていません。逆にシフトケーブルのテンションが強く張られていると、特にトップギア側のガイドプーリーは動きが鈍くなり調整しにくくなるので要注意です。

RDの調整ネジの回転方向とガイドプーリーの移動方向の関係は以下の通りになっています。意外と忘れやすいので自分用のメモも兼ねて少し真面目に図を作ってみました。

トップギアとローギアとではネジを回したときにガイドプーリーが動く方向が反対というのがポイントです。

トップギア側の調整は、RDから手を離した状態で、ガイドプーリーのローラーの中心とトップギアの中心が一直線になるようにトップギア調整ネジを回します。既にシフトケーブルを取り付けてある場合は、ケーブルテンションを十分に緩めてから行います。下の写真は調整済みで、例えシフトケーブルを抜いてもガイドプーリーはこれ以上外側には動かないようになっています。

続いてローギア側の調整は、GCNの動画のようにRDを指で押してガイドプーリーのローラーの中心とローギアの中心が一直線になる位置で動きが止まるようにローギア調整ネジを回します。下の写真は調整済みで、この状態からシフトケーブルをいくら引っ張ってもガイドプーリーはこれ以上内側には動かないようになっています。

これらの調整を行うことで、チェーンラインが必ずスプロケットの範囲内でのみ移動するようになります。そして、この調整が決まったら、この後の作業ではガイドプーリーの調整ネジは絶対に動かしません。動かしたらこの調整を行った意味がなくなってしまいます。

この調整を怠ったり失敗すると、チェーンラインがトップギアより外側またはローギアより内側に動いてしまい大事故に繋がる恐れがあります。具体的には以下のようなケースが考えられます。

  • トップギア側の調整不良
    走行中にシフトケーブルが切れてしまった場合、ガイドプーリーは元のトップギア側に移動します。もし可動範囲がトップギアよりも外側にズレていると、チェーンラインがトップギアよりもさらに外側にズレてRDを破損させたり走行不能状態になる恐れがあります。しっかりと調整されていればシフトケーブルが切れてもトップギア固定で走行は可能なので、後でシフトケーブルを付け直せば元に戻すことが出来ます。
  • ローギア側の調整不良
    もし可動範囲がローギアよりも内側にズレていると、ローギアへシフトチェンジした時にローギアよりもさらに内側にチェーンラインが移動し、ガイドプーリーがホイールのスポークに接触してホイールやRDを破損させたり、ホイールがロックしたりします。シフトケーブルのテンションの張り過ぎを見落とすと起こり得ます。しっかりと調整されていれば、例えテンションを張り過ぎてもガイドプーリーが可動範囲を越えることはありません。

シフトケーブルのテンション調整

ガイドプーリーの可動範囲調整が終わったらシフトケーブルのテンション調整を行っていきます。

  • リア変速する右手側のエルゴパワーの親指のシフトアップスイッチをクリック感がなくなるまで押してトップギア用のセッティングにします。※シフトアップスイッチだけ空打ちしているとスイッチが元の位置に戻ってこない場合があるので、ケーブルを手で引っ張りながらやるのがコツです。
  • RDの下図の”C”のシフトケーブルアジャスターはある程度右回りに回しておきます。ケーブルは時間と共に若干ですが伸びるので、このアジャスターは基本的に左回しでケーブルテンションを高める方向にしか調整しないためです。
  • シフトケーブルを通して下図の”D”のスクリューにケーブルを挟んで留めます。ケーブルは緩すぎず、張りすぎず、適度なテンションで留めます。テンションの具合というのは経験ですが、何度かやるうちにわかってきます。最初は指定の5Nmより弱いトルクで仮留めして、試行錯誤の末にシフティングが決まったら5Nmで本締めします。

ケーブルを掛けたらシフトダウンレバーを操作しながら以下の3点を確認します。

  • ローギア(一番歯数の多いギア)までシフトチェンジ出来ること
    ローギアまでシフトチェンジが届かない場合はケーブルテンションが緩いです。“トップギアに戻して→少しだけテンションを高めて再仮留め→ローギアまでシフトチェンジ出来るかを再確認”という手順を繰り返します。微調整は最後にやります。
  • ローギアまでシフトダウンする時に1段飛ばしが起きないこと
    1段飛ばしが起きる場合はケーブルテンションの張り過ぎです。“トップギアに戻して→少しだけテンションを緩めて再仮留め→ローギアまで1段飛ばし無しでシフトチェンジ出来るかを再確認”という手順を繰り返します。微調整は最後にやります。
  • ガイドプーリーとスプロケットが接触しないこと
    フロントのチェーンリングをインナーギアにした状態で、ガイドプーリーとスプロケットの距離を下図13のように調整します。調整は下図12の”H”のスクリューで行います。時計回りでガイドプーリーとスプロケットの距離が近づき、反時計回りで離れます。離れていれば良いというのもではなく、チェーンとスプロケットのギアを少しでも多く噛み合わせてパワーをロス無く伝えるために適切な距離に調整します。

最後にスプロケットのトップギアから5枚目(トップギアから4回シフトダウン)の位置に合わせ、最終調整をします。下記の①〜③を繰り返してセッティングを追い込んで行きます。

  1. シフトケーブルアジャスターを回してチェーンの音が一番小さくなるポイントを探します。アジャスターは時計回りでテンションを緩め、反時計周りでテンションを高めます。
  2. ①のポイントが見つかったらトップギアにシフトアップします。この時、トップギアにチェーンが落ちにくかったら少しテンションの張りすぎです。アジャスターを時計回りに少し回してテンションを緩めます。
  3. トップギアにシフトチェンジしたら、今度はローギアにシフトダウンしていきます。1段ずつローギアまでシフトチェンジ出来ることを確認します。1段飛ばしが起きた場合はまだケーブルテンションが高いのでアジャスターを時計回りに回してテンションを緩めます。ローギアまでシフトダウン出来ない場合はケーブルテンションが緩いのでアジャスターを反時計周りに回してテンションを高めます。

アジャスターはグリグリ回さず、半回転とか4分の1回転とか、地道に少しずつ調整していくのが結局は近道です。そして正確なシフトチェンジが出来るようになったら調整終了です。

なお“音”に関してはCampagnoloのギアはSHIMANOほどには無音になりません。正確なギアチェンジが出来ているなら気にし過ぎは時間の無駄です。どうしても気になるならショップへ持ち込んでプロにお願いしましょう。持ち込みだとショップ顧客より工賃は高いかもしれませんがそれも含めて勉強代です。良いショップなら調整のアドバイスをしてくれるはずです(^^) もしくはこれ以上調整出来ないということがわかるだけでも精神的にさっぱりしますね(^^;)

 

さて次回は【ロードバイク組立記】の最終回(?)、フロントディレイラー(FD)の調整です。

つづく。

【ロードバイク組立記】CAMPAGNOLOのフロントディレイラー(FD)調整

2017.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サトウ ケン (sato ken)

1980年生まれ。横浜市在住。

ミニベロ一筋10年目を迎える2016年秋にロードバイクデビューしました。
趣味のカメラを携えて、自転車の話題を中心に好きなこと楽しみながらお届けしていきたいです。

愛車は以下の2台体制。

ロードバイク: DE ROSA TITANIO Solo
ミニベロ  : E.B.S FLOAT 451 Road