速く長く走りたいと思ったら、ローラー台を買っていた

ローラー台を買いました。

理由は今より少しでも『速く長く走れるようになるため』です。

トレーニングを“積む”ためのローラー台

9月下旬、日産スタジアムで開催されたサイクルパークフェスティバルに参加し、レースデビューを果たしました。

サイクルパークフェスティバル2016でレースデビューしました

2016.10.16

その帰路、まだ小雨が残る中を自走している時のこと。私はこの日の目標だった「完走」を達成できたという充実感の一方で、刺激的な日産スタジアムのコースを“走り”の面で満喫しきれなかったという心残りがあることに気が付きました。

そして同時に、来年もこのイベントに参加して次こそはもっと“走りそのものを楽しみたい”と思ったのです。

そのためには“速く長く走れるようになる”必要があります。それを実現する方法は一つしかありません。トレーニングを“積む”ことです。では、トレーニングを“積む”ためにはどうしたらいいか?そう考えたときある結論に達しました。

「そうだ、ローラー台を買おう。」

トレーニングを積むための“壁”をローラー台で越える

トレーニングを“積む”というモチベーションがあったとして、私のように平日に仕事を持つサラリーマンがそれを実現するまでに越えなければならない壁は以下の3つです。

  1. トレーニングに費やせる時間
  2. 天候の制約
  3. 実走(外を走ること)のリスク

ローラー台はこれらを全て解決してくれます。

1. トレーニングに費やせる時間

平日5日間フルタイムで働いていると、週末以外にまとまったトレーニングの時間を確保するのは難しいというのが実情です。しかしいわゆる“サンデーライド”だけではトレーニングを“積む”レベルに達することは出来ません。そうすると平日の早朝/夜間のわずかな時間にも効率良くトレーニングを行う必要があります。

ローラー台があれば最低限の着替えとバイクセッティングだけですぐにトレーニングを開始することが出来ます。バイクのセッティングを事前に済ませておけばその時間すら不要です。

実走と違い「着替えを含めた支度」や「家とトレーニングコースの往復移動」さらには「帰宅後のバイク清掃や後片付け」などの時間を省略することができ、トレーニングにフォーカスした密度の濃い時間の使い方が可能となります。

2. 天候の制約

ローラー台はインドアトレーナー (Indoor trainer) などとも呼ばれる通りインドア(屋内)でのトレーニングに適した機材です。天候の制約を受けず、いつでも好きな時間に自分の都合に合わせてトレーニングが行えます。

実走するにあたり天候の制約というのは雨天だけではありません。例えば雨上がりの濡れた路面、出先での雨、強風、気温、また冬の早朝/夕方の暗さというのも天候による制約といえます。

個人差により「多少の雨は気にしない」などはあるかもしれませんが、バイク/ウェアの消耗やそれらを綺麗にする時間/コスト、さらには暑さ寒さ、これらはトレーニングを開始するにあたって少なからず心理的ハードルを作ったり、あるいは言い訳の種になったりします。

ローラー台はこれらのハードルや言い訳を全て解消してくれます。残るハードルは自分の弱い心だけです(^^;)

3. 実走(外を走ること)のリスク

実走、つまり外を走ること、には常にリスクが伴います。

公道を走るなら交通事故に、CR(サイクリングロード)を走るなら歩行者との衝突に気をつけなければなりません。パンクをしたら会社に遅刻するかもしれませんし、落車等でケガをしたら会社を休むことになるかもしれません。

もちろん、そうした事故を未然に防ぐため常日頃のメンテナンスや出発前のチェックを欠かさず行い、周囲の安全に気を配って走行するわけです。しかし、それでもアクシデントに見舞われる可能性をゼロにすることは出来ません。

様々な注意を払ったとしても、実走は日常生活を送ることと比べて不慮の事故に遭遇するリスクが確実に高いでしょう。

リスクを気にし過ぎると外出も出来ませんが、かと言って趣味のトレーニングのために不要なリスクに身を晒すことも出来るだけ避けたいものです。自分のためにも、そして家族の安心のためにも、プロでない我々が日常的にトレーニングをする手段としてローラー台は最有力な選択肢といえます。

ローラー台が到着

というわけで、冒頭に戻り先月ローラー台を買いました。到着したのがこちら。

20161102-02

購入したのはGROWTACのGT-ROLLER FLEX3です。

20161102-03

ローラー台でのトレーニングは実走感に乏しくて飽きやすいと聞きますが、このローラー台は実走感が得られるように工夫されています。またトレーニングソフトと連携してトレーニングを楽しく体感させてくれるため、今のところ全く飽きる気配がありません。

むしろ家に居ながらにして気軽に走れるし、貴重な週末を家族と会話しながらトレーニングも出来てと非常に重宝しています。先日は晴れてても実走しないでローラー台で1時間半もノンストップで走っていました(笑)

今回購入したGT-ROLLER FLEX3については、これからじっくり走り込んで、改めて詳細なレビューを紹介出来たらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サトウ ケン (sato ken)

1980年生まれ。横浜市在住。

ミニベロ一筋10年目を迎える2016年秋にロードバイクデビューしました。
趣味のカメラを携えて、自転車の話題を中心に好きなこと楽しみながらお届けしていきたいです。

愛車は以下の2台体制。

ロードバイク: DE ROSA TITANIO Solo
ミニベロ  : E.B.S FLOAT 451 Road